一年前の詩

こんばんは、愛子です。

なんだか秋を通り越しそう。
肌寒い…そんな一日になりました。


今日スマホのメモを整理していたら
たまたま一年前の今日と同じ日
10月14日に書いた詩が出てきました。


最近書かなくなっちゃったけど、
一時期何故だかものすごく詩を書いた時期がありました。


読み返してみると
なぜこんな詩を書いたのか思い出せません……笑
何があった私?


でもこういう夢を見たのはなんとなく覚えてます。
ただ、ここでは男性目線になってますが。








『夢』

夢を見た
僕は確か白い白い階段を
先を考えず ただ歩く

それは曲がっていたり
まっすぐだったり
そして時には階段そのものが一段なかったり

僕は危うく足を踏み外しそうになったけど
なぜか下の闇は怖くないんだ

いつもの革靴をはいて
僕は階段をのぼる のぼる




上を見上げたら
それは星空だったり
どこかの天井だったり
それが混ざりあったり


流れ星が左から右へ
流れる
燃える


あぁ 風
そうだ 風が吹く
それは後ろからやってきて
僕の頬をかすめていく


それは前へ前へ進み
時々どこかで迷子になる

迷子の風について行くと
その先は
一面の広い 花畑で
少し甘い香りに
僕の鼻はくすぐられる







遠くに


白い手を持った
君が
君が


一本の大きな木の下で
ただ 佇んでいる


こちらを振り向きはしないけど
君だとわかる
僕にはわかる

その亜麻色の髪は風にあそばれて
優しく 優しく揺れている

その小さな背中に近づいて
肩に手をかけたのに

君は日の光の中に溶けて
砂糖のように溶けて






僕は白い天井を
ただ ただ見て
君がここにいないことに
今やっと気がつくんだ











愛を込めて

愛子より








「演奏会情報」

詳細未定が多いです。。 それぞれの詳細が分かり次第その都度アップします。よろしくお願いします!

2017年
☆11月23日
in伊根町(詳細未定)

☆12月1日
in東京(詳細未定)


2018年
☆1月21日
in神戸 チェロアンサンブルKOBE
(詳細未定)
☆2月3日
in京都 エンブリオ(詳細未定)

☆2月24日
in京都 アンサンブルヌフさんと、ハイドンコンチェルト演奏します。
北山のムラタホールにて、(詳細未定)





松本愛子のホームページはこちら

花の季節

こんばんは。
愛子です。


最近はあちこちでお花が咲き誇ってますね。


花の数だけ
春をひとつ ひとつ
感じられます(*^_^*)



プレバトという番組のおかげで
俳句習いたいなー。
と思い始めた
今日この頃。

とーっても凡人ですが
日本人なのか
詠みたくなってきます。笑





Instagramでは2回ほど詠みましたので
せっかくなのでここでも笑




「花かおる 視線の先の 君の顔」





「花びらを 運ぶ伏見へ 高瀬川」



おそまつさまでした(u_u)



愛を込めて

愛子より

笑顔

この世で一番美しいものはなんでしょうか。

私は笑顔だと思います。

笑顔を見て「気持ち悪い」とは誰も思いません。

「笑顔」と言葉で書くとたったひとつのもの、
同じ系統に分類されそうですが

実際はそうではありません

人間みんな、顔には同じ筋肉がくっついているんです。
同じように動くんです。

でも動いた時に
全員同じ顔かといったら、違います。


ひとりひとり違います。
ひとりひとり違って
ひとりひとり魅力的なんです。

だから笑った方がいい
笑った方がかわいい

男も 女も

そういうものじゃないでしょうか
笑顔って

神様からの
最高のプレゼントですね


笑顔は
周りの人を幸せにさせる
特別で最高の魔法です



みんな最高の笑顔 photo:堀克樹さん




愛を込めて

愛子より