演奏する時に◯◯を感じているかどうか。

こんにちは、愛子です。


先日、お世話になっていますピアニストの栗原ひろみ先生の生徒さんの発表会がありました。






私は今回も室内楽の部門で、ピアノの生徒さんと、それからヴァイオリニストの海田先生とでピアノトリオを演奏。

最後は栗原先生、海田先生とのトリオも演奏させて頂きました。

本番は12/23でしたが、今年はその日で演奏の方は仕事納めになりました。

またこの発表会といいますか、コンサートの企画がとても素敵なんです。

栗原先生のアイディアがあちこちにちりばめられており、とても参考になりました。









ところで題名にも書きましたが、
最近色々な人と演奏したり、聴いたりする機会が多かった中で
「この人の演奏素敵だなぁ!いいなぁ!」
と感じる演奏に出会うことが度々ありました。
一体何が違うんだろうと時々考えます。


最近寒い日が続いたからか、
余計に「これだ!」
と思ったことがあるのですが、
それは



「温度」


音に温度を持っているか、持ってないか……なんだなぁと改めて思いました。

あたたかい音が出せた時なんかは本当に自分でもほっとするし幸せな気分になる。

どう出すか、という技術的な話の前に
まず「感じるか、感じないか」から始めるといいかもしれませんね(o^^o)


では引き続き編曲にレッスン、頑張っていきます!



愛を込めて

愛子より



○第2回チェロアンサンブルKOTOチェロ ・コントラバス演奏者募集中!!in 京都○


↑ 第一回目の様子

詳しくはこちら


「練習日追加」


2018/3/3(土)
3/17(土)
4/7(土)
4/21(土)
4/30(祝・月)

いずれも時間は13〜17時、 場所は呉竹文化センター、創造活動室です。





☆松本愛子出演コンサートのお知らせ☆



2018年
☆1月21日
in神戸 チェロアンサンブルKOBE


☆2月3日
in京都 エンブリオ(詳細未定)

☆ 2月24日(土)
開場:14:00
開演:14:30
場所:京都コンサートホール (アンサンブルホール ムラタ(小ホール))

演奏曲目:
A.ドボルザーク「弦楽セレナーデ ホ長調」他
指揮:関谷 弘志

アンサンブル・ヌフ
Facebookページ

ホームページ



松本愛子のホームページはこちら ☆2月3日
in京都 エンブリオ(詳細未定)

☆ 2月24日(土)
開場:14:00
開演:14:30
場所:京都コンサートホール (アンサンブルホール ムラタ(小ホール))

演奏曲目:
A.ドボルザーク「弦楽セレナーデ ホ長調」他
指揮:関谷 弘志

アンサンブル・ヌフ
Facebookページ

ホームページ



松本愛子のホームページはこちら

休日は素敵な絵に会いに行きました。

こんばんは、愛子です。

昨日はとてもとても充実した金曜日でした!
1日に…4つほど用事があり、どれも楽しかった!


その中から先にお伝えしたいことを今日は……




橘 さくらさんの絵『白い花を持って』

実は昨日、夕方に岡崎公園近くにあるギャラリー「梧桐」さんを訪れました。

生徒さんのお嬢様が絵を描いていらして、今回個展を開かれました。


以前にも色々な絵を写真などで見せて頂いたのですが、そこは音楽と共通しているのか、やはり本物を直でみると迫力が違います!

そしてそこの空間を存分に味わえます。

作品の作者であられます「橘さくら」さんの世界感は、とても不思議で、自分の中に眠っているまだ未知なる感覚を呼び起こしてもらえます。

絵に引き込まれ、そこに浸る……
それこそ違う国にきたような、でもどこか懐かしいような…といった気持ちに。


わたしは絵に明るくないのですが、
さくらさんの絵は、想像力を働かせてくれる絵や作品が多いです。


明日が最終日になってしまいますが、
もしよろしければぜひ訪れて頂ければと心から思います。
本当に素晴らしかったです。




『鳥とわたし』


橘 さくら
「ゆめ」展
2017年11月19日(日)まで
11:00〜18:00ですが、最終日は16時まで
ギャラリー梧桐
〒606-8334
京都市左京区岡崎南御所町40




愛を込めて

愛子より





○第2回チェロアンサンブルKOTOチェロ ・コントラバス演奏者募集中!!in 京都○
詳しくはこちらの記事へ。

「追記」
2018/3/17(土)13〜17時も練習追加になりました。
場所は呉竹文化センター、創造活動室です。





☆松本愛子出演コンサートのお知らせ☆
2017年
☆11月23日(木)
in伊根町

■場所
伊根町役場ほっと館
京都府与謝郡伊根町字日出651
■編成
小橋綾実(クラリネット)
西尾薫(ソプラノ)
松本愛子(チェロ)
柴田晴菜(ピアノ)
■タイムスケジュール
14:00本番
15:30終演 予定

■チケット
無し(無料)



☆12月1日(金曜)
スピリチュアルトーク&音楽ライブ
in東京


メッセンジャー:
薄井孝子、かげした真由子、石田久二、堀口恭隆(監修)
演奏:
コズモ

受付開始:17:30
開演:18:30〜21:00予定
会場:白金高輪「SERENE b2」
詳細はこちら


2018年
☆1月21日
in神戸 チェロアンサンブルKOBE
(詳細未定)
☆2月3日
in京都 エンブリオ(詳細未定)

☆ 2月24日(土)
開場:14:00
開演:14:30
場所:京都コンサートホール (アンサンブルホール ムラタ(小ホール))

演奏曲目:
A.ドボルザーク「弦楽セレナーデ ホ長調」他
指揮:関谷 弘志

アンサンブル・ヌフ
Facebookページ

ホームページ



松本愛子のホームページはこちら

「話し方」がそのまま演奏につながる

こんばんは!愛子です。


台風、きてますね〜(*_*)
私は低気圧が苦手です。
最近は「天気痛」なんて言葉もできたそうで。
天気痛を持っている方にはこの何日かの雨、そして台風にげっそりしてませんか?(私はまさに「Yes! I am!!」 byアブドゥル)

ネットで調べたら「内関」というツボが良いそうですね。
内関は、両手首の内側にあるしわの真ん中から、
ひじ方向に指3本下がったあたりにあるそうですよ!

たしかに押してみたらちょっと頭痛やらがマシに。




さてさて。
しばらくチェロの話題が書けていなかったのでここでひとつ。



今日のテーマはこちら。

「話し方がそのまま「演奏」につながる」
です。


前から思っていたのですが、
チェロを演奏しているのを聴くと、
チェロの音が、その人の「声色、喋り方、話し方」に聴こえてきます。


不思議ですね。
もごもご喋ると、もごもごした音
声を押し込んで喋ると、押し込んだ音……
硬く話すと硬い音
芯のある声を出せば、芯のある音
ふわふわ喋ると、ふわふわした音……

……つまりは自分も演奏している時はそうやって聴こえている訳で。

改めたいのは「話し方」だと気づきます。


昔、私はクセで語尾まではっきり喋らなかったらしいです(母曰く)
「それチェロと一緒!直しなさい」
と言われ、当時は反抗?してましたが、
確かに直すと、最後までちゃんと音を出すことに神経が回るようになりました。


やはり何事も「声・喋り方」が元だなぁと思います。



響ある声で話したいのですが、
これまた難しいですね。
追求したいところです。



それでは台風にどうぞ皆様お気をつけてお過ごしください。



抹茶たっぷりソフトクリーム




それでは、また!


P.S.昨日の銀髪、フェイスブックにて
「イメチェンしました」だけ書いて写真を載せたら「何かあったの!?」と心配されましたが、グレてません笑。
そして地毛でないのでご安心を!笑


愛を込めて

愛子より



2017年
☆11月23日
in伊根町(詳細未定)

☆12月1日
in東京(詳細未定)


2018年
☆1月21日
in神戸 チェロアンサンブルKOBE
(詳細未定)
☆2月3日
in京都 エンブリオ(詳細未定)

☆2月24日
in京都 アンサンブルヌフさんと、ハイドンコンチェルト演奏します。
北山のムラタホールにて、(詳細未定)





松本愛子のホームページはこちら