こんばんは。
チェリスト愛子です。

さてさて
今日はやっとドイツの話をちょこちょこと分けて
綴っていきたいと思います。


その前に!話が少々脱線しますが
ラジオの情報によると
今日は「旅の日」だそうです。
松尾芭蕉が「奥の細道」に一歩を踏み出した日、
というのが理由らしい。

うーん、別に狙ったわけじゃないですが
この日から旅について綴れるのもなんだか嬉しいものです。



さて、4月22日
伊丹空港を8時出発なので
朝4時過ぎに起床。

チェロと大きなスーツケースを持って
ついにドイツへと旅に出る日がきました。

まずは伊丹から成田へ。



成田にて撮影。
ほぼすっぴんぴんで載せていいのか…
まぁもうFBには載せちゃったので笑


成田→フランクフルト

私は長いフライトがいまいち苦手で
(まぁ得意な人も少ないでしょう)
映画見たり寝たりで14時間ぐらい?(覚えていない)かけて
無事フランクフルトへ







駅内は色々なお店(特に食べ物屋さん)が多い。

しかし着いた日は長いフライトで
さすがにどっぷり疲れた私。

いまいち食欲がわかない…



ここのお店は有名?らしいですね。


なんだかさっぱりしたのが食べたいけど
ソーセージとかはいまいちまだ食べる気が出ず、
なんとポテトにわさび味のソースがかかったものに挑戦!



これが意外とおいし〜!!



1日目はフランクフルトを少々ぶらぶら

近くに公園が



もう使われていない線路が急に現れます。

そうそう印象的だったのが
端に映っている木。
これ何の木だろう?
なんとも不思議な形で
今にも歩き出しそうだった。


そして




近くにあるマイン川まで歩きました。





自然が沢山あると思いきや
いきなり巨大なビルが沢山。

なんだか不思議。

ちなみにこの写真は夜7時か8時ぐらいだったかなぁ。
かなり明るくてそこにもびっくり。

感覚狂っちゃうかなぁと思いきや
時差ボケは予想よりなく
思いの他、夜はぐっすり。



2日目はあの有名な○ー○の家へ。


それでは
続きはまた次回kyu



愛を込めて

愛子より