こんばんは。


実は朝から微熱が出てしまいました。
うーん。
こんな事久しぶりです。


風邪はあまりひかないことを
自慢してた私ですが笑



早く熱が下がるのを待つのみですね。





さて。


昨日はまたまた沢山の方に
「感性」についての記事を読んで頂き、
ありがとうございます。


Messageなどを直接頂いたりしました。

ありがとうございます(*^^*)



それでその中から、

「自分は感性に乏しんじゃないか……。実際にどうやって楽譜からそれを感じたら良いのか。」

というMessageを頂いたので


愛子流の方法をここでお伝えしたいと思います。



今日はまずステップ1です。


用意するものは2つ。

・今取り組んでいる「楽譜」
・色鉛筆(またはボールペンでも良いですよ!)



良かったら楽譜はコピーしたものを使ってくださいね。
色々書き込んでいきますよ。



何を書き込むかというと、
その楽譜にある「音符」に
を付けてみてください。
塗ってみてください。


なーんの色でもいいです。
あまり難しく考えないで。



フレーズを色鉛筆で丸で囲ってもいいし
小節をしっかり塗ってみてもいいです。


誰も見てないから大丈夫ですよ!
間違えなんてありません。



ひととおり塗ったら
(もちろん全てが難しければ途中まででも大丈夫)


眺めてみてください。

白い楽譜にだんだんお花が咲いてきました。
昨日お話したあなたの
「感性の花」可視化してみました。



この作業を終えた時、
自分にエライって言ってあげてくださいね。


これ、案外楽しいけど、
頭使う作業ですからね。
お疲れ様です笑



そこに描いたあなたの色は
あなたしか出せない「音色」になります。

それはヨーヨー・マにも
あなたの誰か憧れのチェリストにも
出せない音、なんですよ(*^^*)

そう思うと「自分、すごいことできちゃうかも!」ってウズウズしてしませんか。


今日お話したのはステップ1です。


次回はステップ2についてお話しますね。



今日は無理せず、ゆっくり休みます(*^_^*)



愛を込めて

愛子より