おはようございます!


京都はだいぶ日差しが変わってきて
春を越え、夏さえも感じる眩しさです。


日本には四季があるから
その移り変わりを
昔から楽しめますよね


お日様の眩しさ
お花の美しくも儚い移り変わり
海の色……

自然に感謝です。



さて。
ステップ2はいかがでしたか?


今日はステップ3に移りましょう。


中には
すでにステップ3を行っている方もいらっしゃるかもしれません。



というのも
ステップ3はステップ2の「進化版」です。


ステップ1はデザイナー
ステップ2は脚本家

先に言ってしまうと

ステップ3では

あなたは基本、「監督」になってください。

例えば
嬉しい、とか
悲しい、というのを脚本家が書いたとしましょう。

監督はそれを見てどう思うでしょう。


たぶん私なら

「なんで悲しいの?」
「どういう風に喜んでるの?」

なんで?
どうして?



の質問の連発になるとおもいます。

どういう状況?

たとえば恋人二人について書いていたら

後ろの背景は公園?
それともカフェでおしゃべり?


などなど。


ステップ2より具体的に決めていきます。



ただ。
色々言ってますが
おおざっぱに決めて大丈夫です。


そしてこれは
同じ曲でも

年をとると
全然イメージが変わったりします。


有名なチェリストが同じ曲を
若い時に弾いた時と
歳を重ねてから弾いた時とは
随分と変わりますよね。


人の心は移り変わります。
自然と同じです。




もしアイディアが湧かない
迷った時、等は


映画や
本を読む


他、

美術館にいってみる
漫画を読んでみる


なんかもオッケーです♪♪


そこから「資料」を集めてみると


大変イメージが湧きやすいと思います(*^^*)


このフレーズは
あの映画のあのシーン、といった具合でもオッケー!


さぁ。監督。

脚本家にどんどん突っ込みをいれて
更に楽譜を彩り豊かにしてみてくださいね!



それでは
また次回(*^_^*)



愛を込めて

愛子より