愛とは

おはようございます(*^^*)



京都は少し蒸し暑い朝を迎えました。
皆様のところはどんな朝を迎えましたか?

その朝を迎えて、
どんな気持ちになったか
というのもちょっとメモするたけで
音楽に結びつける事ができますよ(*^_^*)




さて
昨日の英語の名言に
かなり反応があり、
嬉しい限りです。



良い言葉を口に出して呟くだけで
自分のオーラの色さえ変わりそうです。



それはもちろん、自分が奏でる音楽も。




ところで
最近この本を買いました。




有名な本ですよね。


実は私はまだ読んだことないのです!!



せっかく読むなら英語で読もうかなと
隣に日本語訳は付いているものの

先に想像してから読むように
挑戦したいと思います(*^^*)




なぜこの本を選んだかというと
理由は様々ですが、


この作者、サン=テグジュペリさんのある言葉にひょんなことから出会いました。

それが一番大きなきっかけかもしれません。


今日も言葉の花束を
お届けします。



"Love does not consist of gazing at each other,
but looking together in the same direction.
"



「愛とはお互いを見つめあう事ではなく、共に同じ方向を見ることだ。」


うーん。深いですよね。
これは若い頃の恋愛と違って
大人の愛の哲学な気がします。



特に私の歳あたりになってくると笑
それがまるでグラデーションの様に
考えが変わってきます。

音楽にも
グラデーションで変わるところ
沢山ありますよね(*^_^*)


今日も皆様にとって
素敵な日になりますように…。



愛を込めて

愛子

過去から学ぶこと

こんばんは。
今日はまだ満月ではありませんでしたが
すごくきれいな月を眺めることができました。



ところで…
私は趣味で英語を勉強しています。
(まだまだレベルは低いですよ…笑)


色々な文章を読んでいると
とても美しい名言に出会うことがあります。

なんとなく私の今の心境で選んだものを
ご紹介します。




ディズニーで有名な「ライオンキング」より



”The past can hurt.
But the way I see it,
you can either run from it 
or learn from it."


過去の出来事に傷つけられることもあるだろう。
でも私が思うに、そこから逃げ出すこともできるが、
そこから学ぶこともできる。




いい言葉ですよね。

これって学ぶことがかっこよくも見えますが
逃げてもいいんです。

そこからも「何か」を必ず学びますしね。

選ぶのは他の誰でもない「自分」


それってすごい「自由」も
持たせて頂いてる。

そんな風にさえ思えてきます。


そんなことを思った
今日この頃でした。


自分のためにも英語の名言は
時々載せていきます(笑)




今日も皆様にとって
素敵な夜となりますように…。



愛を込めて

愛子

 

花の香りに包まれて

おはようございます。

ブログが滞っておりましたが
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、ブログを新しく始めて間もないですが
よく見たら一つ一つの記事を
沢山の方がFacebookでシェアしてくださっていることに気づきました。

本当に、ありがとうございます。



最近は
ずっと感性についてお話していましたが
今日はちょっと休憩(笑)


先日、京町家「百芳軒」にてコンサートを行いました。
今回はフルートとのコラボレーションです。







今回はここで弾かせていただくのは5回目になりますでしょうか。
とてもうれしい限りです。



ところで私はここで演奏するとき、
いつも感動を覚えます。


それはオーナーさんが活けてくださる「お花」です。






お花は切り花になっても
もちろん生きているわけです。
そして無償の愛で私たちを包んでくれます。

何も語らず。


でもそれはオーナーの方が心を込めて活けてくださるので
余計それを感じるんですね。

コンサートは終わってしまいましたが
今でもあの時のお花の香りが
こころに残っていて
幸せを感じております。

大変素敵な空間をいつもつくってくださるオーナー様
本当にありがとうございます。



ところで「お花」にまつわる名言というと
私はいつもこれを思い出します。

「他人に花をもたせよう。自分に花の香りが残る。」


素敵ですよね。

これは私が尊敬する斉藤茂太先生のお言葉です。



お花は不思議なものです。

頂いた方も
渡した本人も

幸せな気持ちになるのです。


それは日々使う言葉や
ちょっとした気遣いも
「お花」をもらった時の気持ちと同じような感覚を
感じるのではないでしょうか。


おはよう
ありがとう
またね


ちょっとした言葉でも
その人しかない「お花の香り」
相手のこころに響くといいですよね。


自分の発する言葉や
チェロの音色

もし誰かにプレゼントする花束だとしたら
どういう風にコーディネートしますか?

相手の事を想って
何を選びますか?



今日も皆様にとって
素敵な一日となりますように。


今日から、皐月です。





愛を込めて

愛子より