今日は誰の愛?

雨がよく降ります。

私は9日に横浜へ日帰りで移動ですが……
台風が来るみたいです。
何事もないことを祈るばかりです…。



今日は雨の中、
こんな言葉に出会えました。



「愛し合う前と後では、

火の消えたランプと

火のともったランプほどの違いがある。」




なんと画家、ゴッホの言葉です。
これを読んだ時、
ゲーテがなんとなく頭の中に浮かびました。

まるで美しい詩のようです。






何かの曲の音色になりそうな詩ですね。




愛を込めて

愛子より

エレジー

昨日、フォーレのエレジーを弾きました。


あの曲は本当にフォーレらしく、
そして美しい歌ですよね。

チェロでは大変有名な曲です。


最初のc mollの和音の音が
心の奥底に潜む悲しみに連れて行ってくれるようです。



ところで
コメディアンで有名なチャップリン
こんな名言を残しています。



「私は悲劇を愛する。

悲劇の底にはなにかしら

美しいものがあるからこそ、

愛するのだ。」




フォーレのエレジーを最初から最後まで弾くと
上の言葉が大変しっくりきます。


不思議なもので
悲劇もまた
美しいものになるのです


人間は複雑で
そして美しい








愛を込めて

愛子より






松本愛子の演奏情報はこちら

今日は通り雨にあいました。



でも先の方を見ると晴れているんですよね。


「下を向いていたら、

虹を見つけることは出来ないよ。」




初登場のチャップリンの名言です。



下を向いてしまう時ってあるもの。
でもそれは悪いことでもないです。

下を向いて歩いた時があったからこそ

ふと見上げた時に出会えた虹が

何倍も美しく目に移る。




今日も地球のどこかで
虹がかかる。






愛を込めて

愛子より